話題のスピルリナ配合のサプリメント

 

最近ユーグレナは、いろいろな食品に添加されるようになり、サプリなどでも人気が高まっている藻類の1つです。ミドリムシとも言われているユーグレナは、同じような藻類で人気のあるクロレラやスピルリナに継ぐ、素晴らしい栄養素を含有しています。5億年以上前に誕生したと言われているユーグレナは、植物と動物の両方の性質を持っている藻の一種。つまり海藻と同じ仲間ですが、植物と同じく光合成をし、栄養分を体内に溜め込み...

 
 

クロレラはスピルリナやユーグレナのように、藻類の一種の人気成分で、約5億年前から生息している藻類であり、ほぼ球形をしています。クロレラ1つの細胞が20時間に1回4分裂を繰り返すという性質があり、驚くような増殖力を誇っている藻類です。タンパク質の含有量が多く食料不足を解消する「未来食」とも言われ、1951年から国内研究・開発がスタートしました。クロレラには20種類の種類があり、その中でもブルガリス・...

 
 

スピルリナはクロレラやユーグレナと同じように藻類の一種です。しかしそれぞれ形態はまったく違い、グロレラは球体、ユーグレナは猫の目の様な形をしており、スピルリナは螺旋状のバネのような形をしています。約35億年前から存在していたと言われており、30年ほど前から大量に培養されるようになったのです。世界中で食品化されスーパーフードの王様と言われています。NASAではスピルリナを宇宙食として利用することを研...

 
 

青汁の成分としても人気のユーグレナ、スピルリナ、クロレラは、どれも数億年以上前から存在している藻類の一種です。それぞれ栄養素が豊富に、バランスよく含まれていますが吸収率はさまざま。スピルリナとユーグレナはどちらも吸収率は90%以上と高いものの、クロレラはグーンと低くなります。しかし最近は吸収率を高めた、新種のクロレラが人気となっているのです。吸収率の違いには細胞膜を包んでいる細胞壁が、大きく影響し...

 
 

単独のサプリとしても青汁の配合成分としても、栄養豊かな藻類であるクロレラ、スピルリナ、ユーグレナは人気があります。それぞれとても似ているようですが、その始まりなどいろいろな違いもあります。まず「クロレラ」は、20数億年前から生息している淡水産単細胞緑藻類の一種です。形は球体に近く、ギリシャ語で「緑色の」という意味のchlorと、ラテン語の「小さなもの」という意味のellaから名付けられたと言われて...

 
 

ユーグレナやスピルリナと同じ藻類のクロレラの人気も高く、クロレラ配合青汁も人気があります。その中でも特に人気の高い「ステラの贅沢青汁」についてのご紹介です。福岡県産ブルガリス種クロレラを始め、九州産の濃縮ケール、与那国産長命草など相乗効果によって、より高い効果が期待できる青汁です。クロレラは17種類のビタミン、18種類のアミノ酸、7種類のミネラル、葉緑素、食物繊維などが豊富に含まれています。また長...

 
 

クロレラはユーグレナやスピルリナと同じように藻の一種で、青汁の成分としても人気の高い成分です。発酵二十二穀の恵み「実りの雑穀青汁」は、雑穀の素晴らしさと大麦若葉+クロレラ+乳酸菌の青汁が1つになったものです。発酵雑穀はアマランサス、もち麦、大豆、発芽玄米、ひえ、もちあわ、丸麦、押し麦、餅玄米、たかきび、青肌玄米、はだか麦、黒米、トウモロコシ、はと麦、うるちあわ、米粒麦、もちきび、赤米、小豆、うるち...

 
 

クロレラやユーグレナと同様に、青汁にも配合されている藻類の一種のスピルリナ。世界的トップモデルや世界中のセレブが摂取していることから、多くの人に知られるようになったスーパーフードの王様とも言われているスピルリナ。35億年以上も前から地球に存在している藻類ですが、天然植物のスピルリナは品質がとても重要です。「藻のすごい青汁」のメーカーでもあるDICは、1977年に世界で始めて自社ファームを持ち、スピ...

 
 

クロレラやユーグレナと同様に藻の一種であるスピルリナは、70種類以上の栄養素を含有し、宇宙食としての利用が研究されているほどです。青汁の成分としても人気がありますが、「果物仕立ての酵素青汁」は特にダイエットやファスティング、置き換えなどに向いている青汁と言えます。153種類の野菜やフルーツを発酵させ、酵素エキスとしての効果を発揮してくれます。また青汁の主成分として代表的な大麦若葉、明日葉、桑の葉が...

 
 

クロレラやユーグレナと同様に藻類の1つである、スピルリナと酵素青汁の2つのパワーが合体した、健康的なダイエットが期待できる人気のスピルリナ青汁、「スピルリナ酵素+青汁パワー」のご紹介です。普通の青汁と違い、スピルリナと酵素が一緒に摂れることによって、より相乗効果によるダイエット効果も高い青汁となっています。200種類以上の野菜、野草、フルーツなどを発酵させた酵素を配合。酵素はデトックス効果も高く、...

 
 

ユーグレナはクロレラやスピルリナと並び豊富な栄養素を含有している藻類の一種です。また二酸化炭素を吸って酸素をはき出すことから、環境の改善などにも期待されており、他にもエネルギーにもなることが実証されています。青汁の成分や単独のユーグレナサプリなど、人気のサプリ成分です。特に世界初のユーグレナファームを持っている、株式会社ユーグレナから発売されている「緑汁」。青汁の魅力とユーグレナの魅力の両方を、こ...

 
 

ユーグレナを始めクロレラやスピルリナなどの藻類の含有する、豊富な栄養素はとても注目されており、青汁などにも配合されています。タケダ製薬から発売の「緑の習慣」にはユーグレナがたっぷり配合されています。本来の青汁としての成分である、大麦若葉、ケール、明日葉とユーグレナを「緑の習慣」1つに凝縮。大麦若葉はビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、SOD酵素は強力な抗酸化パワーを持つ酵素もたっぷり含有して...

 
 

ユーグレナをはじめとし、クロレラやスピルリナなど同じ藻類と言われていますが、どれも緑色の青汁のような色をしています。しかし青汁とはいろいろな部分で違いがあります。まずユーグレナと青汁の違いからご紹介しましょう。青汁は緑黄食野菜を中心とした野菜の成分がほとんどです。もちろん青汁に乳酸菌などプラスαとして配合しているものもありますが、基本的な青汁は野菜の栄養素で、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含...

 
 

スピルリナはクロレラやユーグレナと同じ藻類の一種ですが、それぞれの含有栄養素にも違いがあり、青汁とも違いがあります。スピルリナと青汁の違いを比べてみましょう。まず青汁は野菜類なので細胞壁がしっかりしており、吸収しにくく、吸収率は約40%。それに比べスピルリナの細胞壁はなく、ペクチンの薄皮のようなもので細胞が包まれているだけなので、吸収率はなんと95%と、青汁の野菜類よりずっと高いと言われています。...

 
 

クロレラは、ユーグレナやスピルリナと同じ藻類ですが、この3つの中では吸収率が低く、約65%程度です。しかし新種のクロレラは現在吸収率は、85%までアップすることができたのです。もちろん青汁の場合は細胞膜がしっかりしており吸収率は約40%なので、クロレラの方が吸収率が高くなります。クロレラは球体に近い形をしており、20時間に1回は4分裂を起こすという代謝の高い藻類です。青汁は野菜の葉っぱや茎など、そ...

 
 

ユーグレナやスピルリナと同じ藻類の一種のクロレラは、青汁にも配合されている成分ですが、単独の人気クロレラサプリそれぞれの特徴や違いをご紹介します。「サンクロレラ」は、細胞壁のしっかりしているクロレラですが、細胞壁粉砕クロレラを使用しているため、吸収率もグーンと高くなっています。大豆由来のレシチンを加えたクロレラサプリです。外観検査、重量検査をはじめ、成分分析検査、物理特性検査、細胞検査、異物検査な...

 
 

ユーグレナはクロレラやスピルリナと同じ藻類の1つで、これらの中では一番新しく商品化されたもので人気の高い食品です。これらはどれも何億年も前から地球に存在していたもので、他の食品とはまったく違い、その驚異的な栄養素に人気があります。ユーグレナを配合した野菜ジュースやヨーグルトや青汁などにも配合されていますが、ユーグレナサプリも人気です。特にユーグレナはクロレラやスピルリナと違い、DHA・EPAが豊富...

 
 

スピルリナはユーグレナやクロレラと同じように青汁成分としての人気の藻類の一種ですが、中でも含有栄養素が一番多いのがスピルリナです。そのため世界中のセレブにも人気のスピルリナ単独のサプリをご紹介しましょう。株式会社フォーチュンズから発売されている「健美の極み」は、アミノ酸18種類、ビタミン13種類、ミネラル15種類、脂肪酸9種類、スピルリナ独自の成分フィコシアニンなど70種類の栄養素が含有しているス...

 
 

青汁と言えばケールや大麦若葉などを主成分にしたものがほとんどです。しかし青汁といっても野菜類はなく、ユーグレナやクロレラの藻類青汁が、エポラから発売の「スーパーミドリムシ」。藻類というと他にもスピルリナも同じように藻類として人気がありますが、こちらはユーグレナとクロレラの2種類と、有胞子性乳酸菌をプラスしたサプリです。クロレラとユーグレナは同じ藻類であり、他の食品と違い多くの栄養素が含まれています...

 
 

クロレラ、ユーグレナ、スピルリナは青汁成分にも人気があり、含有栄養素が非常に多いことでも知られている藻類ですが、それぞれ独自の栄養素があり、それらの違いをご紹介しましょう。クロレラには「クロレラC.G.F.」という独自の成分があります。クロレラの細胞には「C.G.F.(クロレラ・グロス・ファクター)」という、クロレラ独自の動物体成長促進因子が含有しているのです。人間や動物、植物などの細胞は2分裂し...