クロレラ・スピルリナ・ユーグレナの始まりの違い

単独のサプリとしても青汁の配合成分としても、栄養豊かな藻類であるクロレラ、スピルリナ、ユーグレナは人気があります。
それぞれとても似ているようですが、その始まりなどいろいろな違いもあります。
まず「クロレラ」は、20数億年前から生息している淡水産単細胞緑藻類の一種です。
形は球体に近く、ギリシャ語で「緑色の」という意味のchlorと、ラテン語の「小さなもの」という意味のellaから名付けられたと言われています。
クロレラは大体直径3~8ミクロンの球体の細胞が、20時間に1回4分裂を繰り返しており、光合の早さは地上の植物の数十倍と、驚くような増殖力なのです。
タンパク質の含有量が多く、未来に訪れるかも知れない食料不足に対応できる「未来食」として期待されており、日本では1951年から研究開発がスタートしています。
「ユーグレナ」は、5億年以上前に存在していたと言われており、ミドリムシとして知られており、植物と動物の性質をもっている藻類の一種ですが、動物や昆虫とはまったく違い、コンブやワカメなどの一種です。
植物と同じく光合成を行うと、二酸化酸素を吸い込み酸素を排出することから、地球環境にも世界的な取り組みも始まっています。
細胞を変形させて動くため、動物と同様であるという不思議な藻類なのです。
東京大学で研究が進められ、株式会社ユーグレナによってユーグレナグラシリスの培養に、石垣島において世界初成功しました。
そして「スピルリナ」は、地球上に最初に出現した植物の一種と言われており、約35億年前から存在し、藻に属した強い生命力を持っている生物です。
スピルリナとはラテン語の螺旋を意味するspiraから付けられています。
栄養価の高さから世界中で健康補助食品としての人気は高く、国連機関「IIMSAM」という栄養不良対策機関もスピルリナを推奨しているのです。
他にも宇宙食として、NASA(アメリカ航空宇宙局)、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、ESA(欧州宇宙機関)でも研究されています。

話題のスピルリナ配合のサプリメント

関連ページ

ユーグレナ配合の青汁について
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
クロレラ配合の青汁について
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
スピルリナ配合の青汁について
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
ユーグレナ・スピルリナ・クロレラの吸収率の違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
クロレラ配合青汁・ステラの贅沢青汁のご紹介
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
クロレラ配合青汁・実りの雑穀青汁のご紹介
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
スピルリナ配合青汁・藻のすごい青汁のご紹介
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
スピルリナ配合青汁・果物仕立ての酵素青汁
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
スピルリナ配合青汁・スピルリナ酵素+青汁パワーのご紹介
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
ユーグレナ配合青汁・緑汁について
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
ユーグレナ配合青汁・緑の習慣
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
ユーグレナと青汁の違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
スピルリナと青汁の違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
クロレラと青汁の違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
人気クロレラサプリについて・それぞれの特徴と違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
人気ユーグレナサプリについて・それぞれの特徴や違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
人気スピルリナサプリについて・それぞれの特徴や違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
ユーグレナとクロレラが1つになった藻類青汁について
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果
クロレラ・ユーグレナ、スピルリナそれぞれの特殊成分の違い
ミドリムシ(ユーグレナ)の効果