クロレラとユーグレナその3

ビタミンB2で比べてみますと、ユーグレナがクロレラの約1.3倍持っています。

 

ビタミンEについては、ユーグレナがクロレラのおよそ4倍持っています。

 

亜鉛は、なんと、クロレラよりユーグレナのほうが、約80倍も含んでいます。

 

アミノ酸ですと、ユーグレナのアミノ酸スコアは、83で、クロレラは54です。

 

どうでしょうか、ざっと主な栄養素を見ても、どれにおいてもユーグレナが優れていますよね。

 

そして、優れているのは、消化吸収率もユーグレナのほうがずっと上なのです。

 

クロレラは、植物プランクトンですから、植物にある、細胞壁が吸収の邪魔をしています。

 

固い壁は、その消化吸収率を邪魔して、平均で50パーセントくらいと言われているのです。

 

沢山の野菜を食べても、細胞壁のために、吸収される栄養分が半分とはとても残念ですよね。

 

それに比べてユーグレナの消化吸収率は、なんと93パーセントと言います。

 

これで、ユーグレナが持っている豊富な栄養素をほとんど吸収できていることになりますよね。

 

なぜなら、ユーグレナ藻種類である、ミドリムシなどは、細胞壁を持っていないのです。

 

動物と同じ細胞膜ですから、壁に覆われていることもなく、その栄養素をすべて吸収できるのです。

 

サプリメントは、その成分も大事ですが、摂取したあとの吸収率も大切なポイントになりますからね。

 

その点、ユーグレナは体に栄養素をもれなく取り込める万能のサプリだと言えるでしょう。

 

ですから、クロレラで満足できなかった方は、ユーグレナを試してみてはどうでしょうか。

話題のスピルリナ配合のサプリメント