主婦が友達(個人間融資)からお金を借りる時の注意点

主婦が友達(個人間融資)からお金を借りる時の注意点

何らかの事情で急にお金が必要になった時、消費者金融でお金を借りるのは嫌だし、親にも頼れないという場合、友達に借りる(個人間融資)という事を考える人もいるかもしれません。ですが、友達にお金を借りるというのは、結構デリケートな問題です。例えば、ランチに行って、たまたまお財布を忘れてしまったので、千円ほど借りるというのなら、別に何の問題もありません。ですが、5万円とか10万円くらいの金額になると、微妙になって来ます。お金を借りたり、貸したりすることで、友人関係が壊れてしまうという事もあるからです。

 

 

友達(個人間融資)からお金を借りるにあたって、どんな事を注意したらよいのでしょうか。お金を借りた後も、スムーズな友達関係を続けて行くには、どのようにしたら良いでしょうか。

 

 

まず借りる時ですが、直接会って、誠意をこめて相談することが大切です。まず、お金を借りらなければならない理由をきちんと伝えましょう。ですが、ブランド物のバッグが欲しいからとか、ギャンブルですってしまったから等という理由で借りるなら、それは絶対に借りるべきではありません。貸す側の友達も、「冗談じゃない」と思うでしょう。でも、色々な状況で、どうしても生活費が足りなくなったとか、急な冠婚葬祭でまとまった金額が必要になったとか、友達が納得できる理由であれば、貸してくれるでしょう。心証をよくするために嘘をついたりするのはやめましょう。そういう事は、必ず後々ばれてしまいます。そうすると、友達関係は崩壊してしまいます。

 

 

また、後々のトラブル解消のためにも、しっかりした借用書を書いておきましょう。友達関係だからこそ、あいまいにしないで、きちんと借用書を渡すべきなのです。貸す側も、安心できると思います。

 

 

 

返済方法も、きちんと決めておくべきです。分割で返すのか、一括で返すのか、その時は直接手渡しで返すのか、銀行に振り込むのか等、友達だからこそしっかり決めておきましょう。出来たら、銀行振り込みの方が、振り込んだ証拠が残りますから、返した、返してもらっていない等のトラブルは避けられますね。

 

 

そして一番大事な事は、返済日には絶対に遅れない、という点です。友達だから、1日くらい遅れてもいいかもなんて考えたら、友達(個人間融資)は崩れ始める可能性があります。決めた返済日には、必ず払いましょう。

 

 

利息をつけるか付けないかは、当事者同士で決めればいいのですが、多分友達(個人間融資)は、利息なんていらないと言うでしょう。むしろ利息を払うなんて言われて、気分を害する人もいるかもしれません。ですので、完済する時には、利息よりも、心をこめたプレゼントを差し上げた方がいいかもしれません。